UK Rock 情報 from London

♪UK ロック情報をいち早くロンドンから配信♪

[ライブ] モリッシー @ O2 Wireless festival

2008-07-11 Fri 15:48:35



7月4日に見に行ったWireless festivalのトリはMorrissey (モリッシー)でした。
実は私は彼のファンではなく、その前にでたBeck (ベック)を見に来ていたのです。
モリッシーといえば、いわずと知れたThe Smiths (ザ・スミス)のボーカル!
スミスはもちろん好きだけど、実はベスト盤しか持ってないので、あまり詳しくはない。
ちゅ〜わけで、とりあえず見とくか!って感じで鑑賞しました。

ステージには3人の男性の写真の垂れ幕が出てたんだけど、何なのかな?昔のマフィア?新しいアルバムのジャケットなのかな?

20:45 モリッシー登場!
プレイボーイのTシャツにジャケット。1曲目が終わってからジャケットを脱ぎ「誤解があっちゃいけないから言っておくが、このTシャツには"Playboy"と書いてある」と、説明。なんとバンドのメンバー全員がプレイボーイのTシャツを着ている。なぜだろう?と思っていたら、1曲目は「Last Of The Famous International Playboys」って曲だったみたい。

そして次はなんとスミスの曲「Ask」。知ってるぞこの曲!みんな合唱しておりました。

3、4曲終わってから、プレイボーイのTシャツを脱ぎ、今度は"American Hot"って書いてあるTシャツ。これはなんでだろう???

彼は結構MCが多くて、面白かった。特に前日カイリー・ミノーグがOBE (大英帝国勲章第四位)を受賞したことを皮肉ってたのがよかった。お気に召さないのかな?
あとハイドパークの門限の規制が厳しくて、早く歌わないとRuth KellyとHarriet Harman (どちらもイギリスの政治家)がステージにやって来て蹴飛ばせれるんだ!って言ってました。

メンバー紹介では、1人づつ丁寧に紹介し、みんな丁寧にお辞儀。そして最後自分の紹介の時は「僕は名無しで、時間もない。それだけ!」だって・・・なんじゃらほい?

そして”American Hot”のTシャツを脱ぎ、それで体の汗を拭いて観客席に投げてましたよ!
で、次は青のシャツを着て登場。

最後から2曲目「Life Is A Pigsty」は照明とか綺麗で格好良かった。動画はこちら

で、最後にしめたのはスミスの「How Soon Is Now?」

「How Soon Is Now?」

アンコールは1曲のみ。またまたスミスの「What She Said」。
またもやシャツを脱いで観客席に投げてましたよ。

間もなく発売される新譜「Years Of Refusal」の曲も、何曲か披露してたみたいです。

セットリスト
'Last Of The Famous International Playboys'
'Ask'
'First Of The Gang To Die'
'That's How People Grow Up'
'Irish Blood, English Heart'
'I Just Want To See The Boy Happy'
'Sister, I'm A Poet'
'Vicar In A Tutu'
'All You Need Is Me'
'The Loop'
'The World Is Full Of Crashing Bores'
'Why Don't You Find Out For Yourself?'
'Mama Lay Softly On The Riverbed'
'Billy Budd'
'Death Of A Disco Dancer'
'You Say You Don't Love Me'
'I'm Throwing My Arms Around Paris'
'Stretch Out And Wait'
'Life Is A Pigsty'
'How Soon Is Now?'
〜アンコール〜
'What She Said'/'Rubber Ring'



ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ