UK Rock 情報 from London

♪UK ロック情報をいち早くロンドンから配信♪

セックス・ピストルズのジョン・ライドン、バターのCMに

2008-10-03 Fri 12:54:07

Sex Pistols (セックス・ピストルズ)のJohn Lydon (ジョン・ライドン)が、イギリスのバター「Country Life」のCMに登場した。

スーパーに行けば、さまざまな種類/数のバターが売られているが、Country Lifeはその中で唯一のUK(ブリティッシュ)産だという。それをもっと世の人に知ってもらおうと、“ブリティッシュのアイコン”ライドンを起用することにしたそうだ。

Mad.co.ukによると、Country Lifeのスポークスマンは、こう声明を発表したという。「Contry Lifeが英国唯一のメジャー・バター・ブランドであることは、あまり知られていません。ジョンが、それをはっきりさせてくれるでしょう。彼は英国のアイコンと見られています。彼の独自の見解は消費者に受けるでしょうし、皮肉たっぷりのユーモア・センスはCMで光るはずです」

私は偶然にもこのバターを以前から愛用してたんだけど、まさかこのCMにパンク・レジェンドのジョン・ライドンが起用されるとは、まさかまさかの大仰天!
しかも「英国のアイコン」って!
30年近く前から「イギリスが嫌だ!」と言って、アメリカに住みだした彼が、どう英国のアイコンになれんだぃ?
って突っ込みたくなったわ!

とにかくこのCM,今週の水曜日からオンエアーされてまして、ばっちりDVDにも納めました。

パンクレジェンドの面影は、どこへやら???

これがそのCMだ!









ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

[ライブレポ] セックス・ピストルズ

2008-09-27 Sat 15:30:39



9月2日ハマースミス・アポロでSex Pistols (セックス・ピストルズ)見て来ました。
彼らを見るのは、実に6回目。
'96年の再結成の時「現地で見たい!」という思いから単身イギリスまでやって来て、フェニックス・フェスティバルとロンドンで彼らを見に行った。
ロンドン公演では最前列に陣取りJohnny Rotten (ジョニー・ロットン)ことJohn Lydon (ジョン・ライドン)にハイファイブをしてもらう!という快挙を成し遂げたのである。
日本でも大阪公演2回見て、そして今年6月ワイト島フェスティバルでも見て、そして今回に至る。

中学生の頃UKニューウェーブを聞いてた私は、やはりルーツのパンクにたどり着き、セックス・ピストルズに衝撃を受け、パンク街道まっしぐらに突き進んだのである。

最も尊敬するのはジョン・ライドンであり、彼にかなりの影響を受けた。(最近ちょっと彼の言動に不信感を感じるが・・・)

12年前の再結成の話を聞いた時は複雑な気分だったが、ジョンが記者会見で再結成の理由について聞かれた時、「金だ!」と、ずばり答えたのが、すっきり爽快!さすがジョン・ライドン様だ!と嬉しくなった。

今年は去年の30周年記念ライブをきっかけにまたツアーを開始し、日本のサマソニにも出演している。やはり「金だ!」なのだろう。

今回のライブ、まずオーディエンスに驚いた。おやじばっかり。
パンクらしき人はとても少なかった。
1人杖をついた爺さんがいたのだが、なんとパンク・ファッションに身を包んでいた。おっしゃれ〜。

彼らが登場したのは9時頃。
ジョン・ライドンはワイト島と同じ縦じまのロング・シャツ。今回はピンクのベスト付き。ズボンは青と赤のタータンチェック。
スティーブ・ジョーンズはピストルズのTシャツを着て、おおいに太っている。
グレン・マトロックとポール・クックは、その辺のパブにいそうな普通のおやじ。

まずは「Pretty Vacant (プリティー・ヴェイカント)」の行進バージョンみたいなのから始まり、そのまま普通バージョンへ。

セットリストはほとんどワイト島と同じ。

なんと翌日はスティーブ・ジョーンズの誕生日らしく、みんなでハッピー・バースデーを合唱!。
そして「God Save The Queen (ゴッド・セイブ・ザ・クウィーン)」へ突入。

「God Save The Queen (ゴッド・セイブ・ザ・クウィーン)」

「俺等たばこ休憩が必要なんだ、もっと演って欲しかったら教えてくれ!」と言っていったんステージを後に。

アンコールでは「Anarchy In The U.K. (アナーキー・イン・ザ・U.K.)」「Bodies (ボーディーズ)」など激しい曲オンパレード。

「Anarchy In The U.K. (アナーキー・イン・ザ・U.K.)」

そして、やはりHawkwind (ホークウィンド)の「Silver Machine (シルバー・マシーン)」を演奏した。

最後はまだ歌い足りないのか、ジョンはマイクを離さない。4人揃って「We love you England, we do」って歌って去って行った。ご機嫌だったみたいで、名残惜しそうだった。かわいっ!



ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

[ニュース] ジョン・ライドン、ブロック・パーティーを襲う!

2008-07-21 Mon 13:13:23

7月19日(土)スペイン・バルセロナで行われていたSummercase Festival (サマーケース・フェスティバル)で、Bloc Party (ブロック・パーティー)のボーカルKele Okereke (ケリー・オケレケ)が、Sex Pistols (セックス・ピストルズ)のJohn Lydon (ジョン・ライドン)と、その仲間に襲われたそうです。


Block Party、ケリー・オケレケはバンド内唯一の黒人

ケリー・オケレケはジョン・ライドンがSex Pistols脱退後に結成したバンドPublic Image Ltd. (パブリック・イメージ・リミテッド)のファンで、バックステージでジョン・ライドンにPILの再結成の可能性があるのか尋ねたところ、ジョンの取り巻きが、黒人であるケリーに対し、「お前の問題は、その黒い態度だ!」と攻撃し、ジョンもケリーに対し威嚇。そして取り巻きの3人が、ケリーに殴る蹴るの暴行を加えたそう。
一緒に居合わせたFoals (フォールズ)のボーカルYannis Philippakes (ヤニス・フィリッパケス)と、Kaiser ChiefsのボーカルRicky Wilson (リッキー・ウィルソン)が喧嘩の仲裁に入りケリーを助け出した。
ケリーは顔にアザや切り傷を負ったが大事にはいたらなかった。でも今回の出来事について酷く失望したという。

私にとってジョン・ライドンは神のように崇めていたのでショックでたまらない。
ケリーも自分の尊敬するジョンに人種差別をされるとは、かなりのショックだったであろう。
ジョン・ライドン自身も、イギリスでアイルランド人として差別の対象にあいながら育ち、人種差別に関してはシビアだったはずなのだが・・・
しかしここ最近ジョン・ライドンの言動はおかしい。
まず先々月、女性を殴ったとして起訴されるは、先月はDuffy (ダフィー) を泣かすわで、問題続き!
そして今回の事件。
本当に信じられない。
私が20年来尊敬してきた人は、こんな人だったのか・・・
金持ちになってあほになってしまったのか???
Sex Pistols の活動なんかやめてPILの再結成でもしたらいいのに。
なにぬるま湯につかっとんねん!!! Fuck off!


ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

[ライブ] セックス・ピストルズ @ Isle of Wight Festival

2008-06-20 Fri 13:28:47



2日目のトリは、我らがパンク・レジェンド、Sex pistols (セックス・ピストルズ)。
12年前彼らが再結成した時、単身日本から見にきたものだ。その時最前列でがんばってたらJohn Lydon (ジョン・ライドン)からハイファイブしてもらった。
パンクだった私にとって、彼は神であり、老いぼれデブじじいになってしまっても、最も尊敬する人である。

ジョンは本を持って登場!オーディエンスに「歌うか、死ね!」と言って「Pretty Vacant (プリティー・ヴェイカント)」のへんてこバージョンを演奏、そのままノーマルバージョンに突入!
その後「Bodies」を歌ってから、「次は新曲の「Baghdad Was A Blast」だ!「Belsen Was A Gas」みたいだが、ちょっと違う」と言って「Belsen Was A Gas」の替え歌バージョンを歌った。

彼は相変わらず鼻水爆弾を飛ばしながら、ウィスキーか何かを原液のまま飲んでいた。途中、ジョンが「グレンとスティーブのモニターがでか過ぎる。こっちとこっちのスピーカーが小さい!」と文句を延べ「悪いな!本当は俺たちもっとひどいんだ!」と訳の分からない事言ったり、「みんな静かすぎる、お前等ポリスか何か見るために体力温存してんのか?」と、客をあおったりしてた。

「No Fun」を歌う前に「これはイギーの曲だが、彼は俺等の友達だ!今日彼もこの曲をやってたが (私は見てないがイギー・ポップはIan Brownの前にメインステージで出演していた)、これは俺たちバージョンだ!」と、曲紹介。

最後に「EMI」でしめてアンコールへ。

そしてついに「Anarchy In The UK」客のノリも最高潮!
で、もう終わりかと思いきや、またまたアンコールで登場し、Hawkwindの「Silver Machine」でしめた。初めて聞いた曲だったので新曲かと思っちゃった。


「Baghdad Was A Blast, Submission, Silver Machine」

なるべく近くでみたかったので、端の方だけど2列目でがんばった。でもモミクチャだったので、ビデオ撮影がほとんどできなかった。それでもがんばって撮影してたら、前にいるいかついセキュリティーガードに、手でビデオを覆われて怒られた。最後は隠れながら撮った。前すぎるのもよくないな〜

セットリスト
'Pretty Vacant (alternative version)'
'Pretty Vacant'
'Bodies'
'Baghdad Was A Blast'
'I'm A Lazy Sod'
'New York'
'No Feeling'
'Liar'
'Holidays In The Sun'
'Submission'
'(I'm Not Your) Stepping Stone'
'No Fun'
'Problems'
'God Save The Queen'
'EMI'

アンコール

'Anarchy In The UK'

アンコール

'Silver Machine'

ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

[ニュース] セックス・ピストルズDVD予告!

2008-06-11 Wed 01:58:01

女性を殴ったとして訴えられたThe Sex Pistols (ザ・セックス・ピストルズ)のボーカル、Johnny Rotten (ジョニー・ロットン)、この訴訟について彼からは何のコメントもなされてないが、6月30日に発売になるバンドのDVDの予告映像が届きました。DVDの詳細はこちら



とても楽しみ〜!

訴訟問題で、この夏のフェス出演予定に影響がないといいけど・・・


ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ