UK Rock 情報 from London

♪UK ロック情報をいち早くロンドンから配信♪

[ライブレポ] カサビアン @ O2アリーナ

2011-12-22 Thu 15:27:11

kasabian@O2
12月15日O2アリーナでKasabian (カサビアン)見てきました。

カサビアン大ファンの私は彼らを何回も見てるんですが、今回はニューアルバム「Velociraptor! (ヴェロキラプトル!)」発売してから初めてみるわけで、期待いっぱいで挑んできました。

会場に到着したのは7時頃。まず軽く腹ごしらえをしてから入場。
ビール買ってる最中に前座のMiles Kane (マイルズ・ケイン)が始まった。レポはこちらに書いてあります。
このO2アリーナは2万人を収容できる巨大アリーナで、どうせ前の方は確保できないだろうと思ってたけど、かなり前を確保。

8:50ごろ照明が消え、黒の幕で覆われていたステージが現れた。
アーチ型のフレームに、その中に半円状のスクリーン。
美しい〜〜〜

メンバー登場で、まずは「Days Are Forgotten」
大興奮した私はぐいぐい前に行って、気がついたら最前列にいた。びっくり
でも横にいる人達にはじき飛ばされ2列目へ移動。
そりゃ早くから並んで最前列を確保した人からはひんしゅくだもんね〜

ギターのサージことセルジオ・ピッツォーノ (Sergio Pizzorno) はほぼ目の前。
全身真っ黒な服に黒の羽のついたカーキのジャケットでカラスのよう。
で、本日はサージの誕生日!ファンの子が「Happy Birthday」と書いた幕を出していた。

ボーカルのトム・ミーガン (Tom Meighan)はサングラスに白いジャケット。
今回はなかなかかっこいい!(彼はよくクビをひねらざる得ないような変な格好をすることがある)

まずは3曲目の「Velociraptor (ヴェロキラプトル)」を撮影!
だいぶぶれてますが見て下さいな。


とにかくたまに観客の中央付近を見ると、ちょ〜モッシュ状態!
サージも誕生日なのもあるのか、ものすごいご機嫌な感じ。
すごい動いたり、変な格好してギター弾いたり

ステージのスクリーンは音と反響したりして、とても迫力があり映像もきれい。
このライブで大きな役割を果たしていた。

女性ブラス隊も参加してました。

サージがボーカルを取る「Take Aim」のあとに戻ってきたトムは白いジャケットからGジャンに変わっている。
う〜ん、おなかのポッコリが目立つぞ、兄ちゃん!

で、今日はサージの誕生日なのでみんなで「Happy Birthday」を歌ったり、もうすぐクリスマスなので「ジングルベル」を歌ったり、
今回だけの特別演出があって、うれしい〜〜〜

すごく感動したのが、サージが観客に「携帯電話のライトをつけてくれ」と要求。
2万人の会場で、みんなが携帯電話やカメラのスクリーンライトをつけてる様は圧巻でした。
そしてそのまま「La Fee Verte」
映像ではあまり伝わらないかもしれないけど、ばっちり撮影しました。


最後は「L.S.F」
曲の間ずっと、ステージから観客を撮影した映像がスクリーンに映し出され、みんな「きゃー私だ!僕だ!」と大興奮!
そして恒例の「ラ〜ララ〜〜ラララララララ〜〜〜」の大合唱!楽しぃ〜〜〜

これでアンコールにむけメンバーは一旦ステージをあとにする。

そして「Switchblade Smiles」のイントロが始まり、スクリーンに「Can you feel It Coming?」とでてきた。
私この曲めっちゃ好きなんです。すごいワクワク。
メンバー登場!
この低音がたまらなく快感。


そのあと「Vlad The Impaler」と来て、最後は「Fire」
この曲はいつも大モッシュになる。今年行ったフェスではたくさんの観客が花火をはじめて本当にFire!で綺麗だった。
さすがに今回は室内のアリーナなので花火はなかった。
で、終盤にさしかかった時、トムが「みんな座るんだ!俺を信じろ!座れ!」と要求。
こんな窮屈なところで座れるんかいな?と思ったが、みんな座れました。
で、あおってあおって〜〜〜みんなで立ち上がる〜
もし立つのが遅かったら踏みつぶされるんじゃないか?と少しビビりながら・・・

最後はトムがサージをおんぶしたり、ほんと2人は仲がいいな〜と微笑ましかった。


本当楽しいライブでした。
Kasabian最高!
また会いにいくよ!

セットリスト:
Days Are Forgotten
Shoot The Runner
Velociraptor!
Underdog
Where Did All The Love Go?
I.D.
I Hear Voices
Thick As Thieves
Take Aim
Club Foot
Re-wired
Empire
Happy Birthday To Serge
La Fée Verte
Fast Fuse
Misirlou
Jingle Bells
Goodbye Kiss
L.S.F. (Lost Souls Forever)

アンコール
Switchblade Smiles Play Video
Vlad The Impaler Play Video
Fire Play Video





  このエントリーをはてなブックマークに追加  

カサビアン謎のPV発表

2011-10-22 Sat 13:25:01

Kasabian (カサビアン)の新しいプロモが発表されました。
曲は「Re-wired (リ・ワイアード)icon
途中メンバー全員が自転車に乗ってるシーンがあるが、1人多い。
Vlad the Impaler」のPVでも同じみコメディアンのNoel Fielding (ノエル・フィールディング)ではないか?
彼はカサビアンのライブの「Vlad the Impaler」の時にステージに現れては、
人形の生首を観客に投げたりして、ステージを駆け巡っていたわっ。
ここでもまた登場するとは。
仲がよろしい事〜

で、ビデオの最後ですが、ものすごく謎な終わり方をしている。
気になる。。。
この謎は発表されるのだろうか?
次回のPVで謎が明らかにされたりしたら面白いのになぁ〜。

まぁ、とにかくごらんあれ!!!






  iTunes Store(Japan)



    このエントリーをはてなブックマークに追加    

カサビアン、PVとシングル無料ダウンロード

2009-04-01 Wed 21:17:31

Kasabian (カサビアン)の無料シングル、ダウンロードしましたか?
日本時間の4月4日午前8時までですので、お見逃し無く。

ダウンロードはバンドのオフィシャルサイトKasabian.co.ukで!

そしてPVも公開されました。
ちょっとホラー???


Kasabian - Vlad the Impaler from Kasabian on Vimeo.




ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ    

[無料ダウンロード] カサビアン、シングル

2009-03-28 Sat 15:50:43



ロン毛になったボーカルTom Meighan (トム・ミーガン)率いるKasabian (カサビアン)が、6月発売の3rdアルバム「The West Ryder Pauper Lunatic Asylum (ザ・ルナティック・アサイラム)」に先駆け、新譜「Vlad The Impler」を無料ダウンロード配信することになった。

期間は3月31日の午前7時30分(日本時間午後3時)から4月3日の真夜中までの4日間限定で、バンドのオフィシャルサイトKasabian.co.ukでダウンロード可能。

ギタリストのSergio Pizzorno (セルジオ・ピッツォーノ)はこの曲の事を「ものすごく混沌とした曲だ。俺らのファン全員への出動要請だ」と話しているそう。
同トラックのPVも3月31日に解禁される予定で、UKで人気のコメディ・ドラム『IT Crowd』の主演俳優で、アークティック・モンキーズのコンサート・フィルム『Arctic Monkeys At The Apollo』を手がけたリチャード・アヨエイドが監督したそう。

アルバムは6月8日発売予定で(日本では先行6月3日発売)、第一弾シングル「Fire」は6月1日発売。

<ニュー・アルバム>
『The West Ryder Pauper Lunatic Asylum/ザ・ルナティック・アサイラム』
2009年6月3日全世界先行発売予定
ボーナスCD付初回生産限定 2,520円 BVCP 40001-2
3ヶ月期間限定特別価格 2,310円 BVCP 40003




ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ