UK Rock 情報 from London

♪UK ロック情報をいち早くロンドンから配信♪

ブリット・アワード’12 & ブラーのライブ

2012-02-21 Tue 23:22:40

只今ブリット・アワーズの授賞式が終了しました。

まずColdplay (コールドプレイ)のパフォーマンスから授賞式はスタート!
新曲の「Charlie Brown」をプレイしました。
屋内の会場だというのに花火ばんばん。とても綺麗でした。

他パフォーマンスしたアーティストは
Florence & the Machine (フローレンス・アンド・ザ・マシーン)
Olly Murs
Ed Sheeran (エド・シーラン)
Noel Gallagher (ノエル・ギャラガー) ft. Chris Martin (クリス・マーティン)
Adele (アデル)
Bruno Mars (ブルーノ・マーズ)
Rihanna (リアナ)
そして最後に功労賞を受賞したBlur (ブラー)がパフォーマンスし授賞式は幕を閉じました。

ノエル・ギャラガーの時はステージにあの蛍光の落書きだらけのピアノがあって、
もしや?と思ったらクリス・マーティンがピアノ弾いてました。
授賞式ではコラボが絶対あるのですが、まさかこの2人の競演とは驚きました。

リアナはグラミー賞同様「We Found Love」を演奏したのですが、素晴らしいの一言でした。

プレゼンターにはカイリーやQueenのブライアン・メイとロジャー・テイラー。
ビックリだったのはジョージ・マイケル。ひさびさに公の場で見た。お元気そうで何より。

そして受賞結果ですが、最多の4部門にノミネートされていたEd Sheeran (エド・シーラン)が、最優秀ブリティッシュ新人アクトと最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティストの2つの賞を受賞。
また3部門でノミネートされていたAdele (アデル)は、同じく最優秀ブリティッシュ女性ソロ・アーティストと最優秀ブリティッシュ・アルバムで2部門の受賞。
グラミーほど賞は取れなかったけど、ほんと彼女の快挙はものすごいですね。

エド・シーランはパフォーマンスする時はいつものラフな格好でTシャツとジーパンだったのですが、
レッドカーペッド時はスーツを来ていたんです。
わざわざラフな格好に着替えたんかいな?
と思ってたんですが、賞を受賞する時はまたまたスーツに戻っておりました。

UKロックファンにとって、最も重要な最優秀ブリティッシュ・グループはコールドプレイが受賞。
この賞は一般投票だったので、悩んだ結果私はKasabian (カサビアン)に一票を投じたのですが、
コールドプレイでも納得。
他にノミネートされていたのは、Arctic Monkeys (アークティック・モンキーズ)、Chase & Status (チェイス&ステイタス)、Elbow (エルボー)

そして功労賞を受賞したブラーのパフォーマンス、ヒット曲オンパレードでした。
まず演奏したのは「Girls And Boys」
続いて「Song 2」
そしてステージにお馴染みのPhil Danielsを迎え「Parklife」
続いてゴスペル隊を率いて「Tender」
で、最後の最後に「This Is A Low」
この曲はよく最後に演奏されるお馴染みの曲。ライブでは本当に感動で「あ〜生でみたかった〜」とちょっと悔しい思いを。
でもテレビを通しても素晴らしかった。
デーモン、クビの血管切れるんちゃうか?と心配なほど大全快で声を張り上げ歌っていました。
そして最後に「See you in Hyde Park」と言って終わりました。
そうです、Blurは8月12日ロンドン・ハイドパークで行なわれるロンドンオリンピック閉会式記念コンサートに出演することが決定してるのです。
絶対行きます。楽しみです〜



--- 受賞結果 ---

●最優秀ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト
 Adele (アデル)

●最優秀インターナショナル女性ソロ・アーティスト
 Rihanna (リアナ)

●クリティックス・チョイス
 Emeli Sandé

●最優秀ブリティッシュ新人アクト
 Ed Sheeran (エド・シーラン)

●最優秀インターナショナル新人アクト
 Lana Del Rey (ラナ・デル・レイ)

●最優秀インターナショナル・グループ
 Foo Fighters (フー・ファイターズ)

●最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト
 Ed Sheeran (エド・シーラン)

●最優秀ブリティッシュ・グループ
 Coldplay (コールドプレイ)

●最優秀インターナショナル男性ソロ・アーティスト
 Bruno Mars (ブルーノ・マーズ)

●最優秀ブリティッシュ・シングル
 One Direction 『What Makes You Beautiful』

●最優秀ブリティッシュ・アルバム
 Adele (アデル)『21』

●功労賞
Blur (ブラー)



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

ブリット・アワード’09 結果発表

2009-02-18 Wed 22:37:43

只今ブリット・アワーズの授賞式が終了しました。

まずU2のパフォーマンスから授賞式はスタート!
プレゼンターはカイリー・ミノーグと男性2人。

早速結果を報告いたします。

●最優秀ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト
 Duffy (ダフィー)

●最優秀インターナショナル女性ソロ・アーティスト
 Katy Perry (ケイティ・ペリー)

●最優秀ブリティッシュ新人アクト
 Duffy (ダフィー)

●最優秀インターナショナル・グループ
 Kings Of Leon (キングス・オブ・レオン)

●最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト
 Paul Weller (ポール・ウェラー)

●最優秀インターナショナル・アルバム
 Kings Of Leon (キングス・オブ・レオン)『Only By The Night』

●最優秀ブリティッシュ・ライヴ・アクト
 Iron Maiden (アイアン・メイデン)

●最優秀ブリティッシュ・グループ
 Elbow (エルボー)

●最優秀インターナショナル男性ソロ・アーティスト
 Kanye West (カニエ・ウェスト)

●最優秀ブリティッシュ・シングル
 ガールズ・アラウド「The Promise」icon

●最優秀ブリティッシュ・アルバム
 Duffy (ダフィー)『Rockferry』

ダフィーが最多の3部門を勝ち取り、最後のコメントでは涙声でした。


残念だったのはColdplay (コールドプレイ)が、ダフィーと同じく4部門にノミネートされていたのに、1つも受賞しなかったのです(泣)
でも、この授賞式でコールドプレイは「Viva La Vida」を演奏したのですが、これまた素敵でした。
これでもかっていう量の紙吹雪(蝶々吹雪)が舞い、とても綺麗でしたよ〜。

他に、Girls Aloud (ガールズ・アラウド) Duffy (ダフィー) Take That (テイク・ザット) Kings Of Leon (キングス・オブ・レオン) The Ting Tings (ザ・ティン・ティンズ) & Estelle (エステル) のパフォーマンスがありました。
最後に、功労賞を受賞したPetshop Boys (ペットショップ・ボーイス)は、Lady Gaga (レディー・ガガ)とThe Killers (ザ・キラーズ)のBrandon Flowers (ブランドン・フラワーズ)をフィーチャーしてのパフォーマンスで閉めました。



ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

ブリット・アワード’09 ノミネーション

2009-02-14 Sat 18:54:28

イギリスで最も権威ある音楽賞と言えば、Brit Awards (ブリット・アワーズ)

2008年は世界的に見て、イギリス人アーティストの活躍が注目されていて、
先日行われたグラミー賞でも、主要4部門をすべてイギリス出身アーティストが占めるという結果になった。
レッド・ツェッペリンの元ボーカル、ロバート・プラントは5部門、コールドプレイは7部門ノミネート中3部門、
新人賞はアデルが獲得した。

気になるブリット・アワーズの授賞式は、来週18日(水)
今年の司会はカイリー・ミノーグ。
予定されているパフォーマンスはコールドプレイ、U2、キングス・オブ・レオン、ダフィー、ガールズ・アラウド、テイク・ザット。
ショウの最後は、功労賞を受賞するペット・ショップ・ボーイズが閉める。

いつか見に行きたいと思っていたのですが、チケットが75ポンドととっても高くって、諦めちゃいました。
でもテレビでも生中継されるので、それでがまん!

で、肝心のノミネートですが、コールドプレイとダフィーが最多の4部門でノミネートされていて、最優秀シングル/最優秀アルバムの2部門で競うことになる。
そして、スカウティング・フォー・ガールズとマーキュリー・アワードに輝いたベテラン、エルボーが、それぞれ3部門にノミネートされている。
また、2009年活躍が期待される新人アーティストに贈られるクリティックス・チョイスにはFlorence And The Machineが、功労賞にはペット・ショップ・ボーイズが選ばれた。
ぺ・ぺ・ぺ・ぺット・ショップ・ボーイズだなんて・・・(苦)

2009年ブリット・アワード・ノミネーション:

●最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト
Ian Brown (イアン・ブラウン)
James Morrison (ジェイムス・モリソン)
Paul Weller (ポール・ウェラー)
Streets (ザ・ストリーツ)
Will Young (ウィル・ヤング)

●最優秀ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト
Adele (アデル)
Beth Rowley (ベス・ロウリー)
Duffy (ダフィー)
Estelle (エステル)
M.I.A.

●最優秀ブリティッシュ新人アクト
Adele (アデル)
Duffy (ダフィー)
Last Shadow Puppets (ラスト・シャドウ・パペッツ)
Scouting For Girls (スカウティング・フォー・ガールズ)
The Ting Tings (ティン・ティンズ)

●最優秀ブリティッシュ・グループ
Coldplay (コールドプレイ)
Elbow (エルボー)
Girls Aloud (ガールズ・アラウド)
Radiohead (レディオヘッド)
Take That (テイク・ザット)

●最優秀ブリティッシュ・ライヴ・アクト
Coldplay (コールドプレイ)
Elbow (エルボー)
Iron Maiden (アイアン・メイデン)
Scouting For Girls (スカウティング・フォー・ガールズ)
The Verve (ザ・ヴァーヴ)

●最優秀ブリティッシュ・シングル
アデル「Chasing Pavements」icon
アレクサンドラ・バーク「Hallelujah」
コールドプレイ「Viva La Vida」icon
ディジー・ラスカル「Dance Wiv Me」icon
ダフィー「Mercy」icon
エステル「American Boy」icon
ガールズ・アラウド「The Promise」icon
レオナ・ルイス「Better In Time」icon
スカウティング・フォー・ガールズ「Heartbeat」icon
The X Factor Finalists「Hero」

●最優秀ブリティッシュ・アルバム
Coldplay (コールドプレイ)『Viva La Vida Or Death And All His Friends』
Duffy (ダフィー)『Rockferry』
Elbow (エルボー)『The Seldom Seen Kids』
Radiohead (レディオヘッド)『In Rainbows』
The Ting Tings (ザ・ティン・ティンズ)『We Started Nothing』

●最優秀インターナショナル・アルバム
AC/DC『Black Ice』
Fleet Foxes『Fleet Foxes』
The Killers (ザ・キラーズ)『Day & Age』
Kings Of Leon (キングス・オブ・レオン)『Only By The Night』
MGMT『Oracular Spectacular』

●最優秀インターナショナル男性ソロ・アーティスト
Beck (ベック)
Neil Diamond (ニール・ダイアモンド)
Jay-Z (ジェイ・Z)
Kanye West (カニエ・ウェスト)
Seasick Steve (シーシック・スティーヴ)

●最優秀インターナショナル女性ソロ・アーティスト
Beyonce (ビヨンセ)
Gabriella Cilmi (ガブリエラ・チルミ)
Katy Perry (ケイティ・ペリー)
Pink (ピンク)
Santogold (サントゴールド)

●最優秀インターナショナル・グループ
AC/DC
Fleet Foxes
The Killers (ザ・キラーズ)
Kings Of Leon (キングス・オブ・レオン)
MGMT

●クリティックス・チョイス
Florence And The Machine

●功労賞
Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)

結果は授賞式終了後すぐにアップする予定です。お楽しみに♪



ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ