UK Rock 情報 from London

♪UK ロック情報をいち早くロンドンから配信♪

[ライブ] ディレイズ @ Ben & Jerry's フェス

2008-08-02 Sat 15:41:31



7月26日ロンドン・クラパム・コモンで行われたBen & Jerry's Sundae on the Commonで、シャーロット・ハザレイ(その時の記事はこちら)を見た後は、このフェスの醍醐味フリーアイスクリーム!
しかし、どのブースに行っても、もの凄く人が並んでいる。
結局1番すいてそうな所で並び、チョトとストロベリー系のアイスをゲット!
で、バーでも並んでいたら今回1番のお目当てDelays (ディレイズ)が始まってしまった。
飲み物ゲットして急いでステージの方へ!

私ディレイズ大好きなんです。6月にもワイト島で見ました。(その時の記事はこちら)
今回はワイト島のフェスと違って規模もステージも観客との距離も小さくて、一体感を感じた。
ボーカルのグレッグは、オーディエンスにウェーブさせたり、手拍子させたり、観客巻き込み型ライブでとても楽しかった。
その模様はしっかりビデオに納めましたよ!

オーディエンスのウィーブと「Hideaway」

あまりに楽しくて、私はノリノリで「ゼーゼーハーハー」言っておりました。う〜ん、体力が落ちたぜぃ・・・
相変わらずキーボードのアーロンはカッコイイ。サングラス外してくんないかな〜?なんて思いながら見てました。今日はなんだか大人しめな感じ。

しかしなぜこのバンドの評価はあまり高くないのだろう?
音もいい。オリジナル性もある。ルックスもいい。グレッグのフェルセットは特に美しい。
実に不思議だ!事務所/マネージメントが悪いのかな〜?
今回も、なぜGuillemots (ギルモッツ)の前に演奏なんだ???とびっくりしました。


「You & Me」

最後は「Long Time Coming」と「Valentine」の代表曲でしめました。
前回この2曲はビデオ撮影したので、今回はじっくりと暴れさしてもらいました。
いや〜最高!「ゼーゼーハーハー・・・」


今までの2枚のアルバムとニューアルバムです。



ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

[ライブ] ディレイズ @ Isle of Wight Festival

2008-06-21 Sat 15:26:44



3日目の最初に見たのは大好きなDelays (ディレイズ)。
サザンプトン出身の4人組で、ボーカルGreg(グレッグ)とキーボードのAaron (アーロン)は兄弟。(右から2番目がグレッグ、一番左がアーロン)
つい先日3枚目のアルバム「Everything's the Rush」をリリースしたばかり。
ボーカルGreg Gilbert (グレッグ・ギルバート)の美しいファルセットの歌声とメロディアスな独特のメロディ・ラインは、とても清々しい気分にさせてくれ、ロックといえど癒しを感じる。
先日も友達と話してたんだけど、彼らの評価というのは、もっと高くていいんじゃないか?と思う。現に新人でもないのに、フェスティバルで3番目(13:30)の登場とは早過ぎる!
しかもルックスも良いときてる。特にキーボードのアーロンはブラピ似でカッコイイ。

ニューアルバムもやはり美しく、たぶん何曲かは弟アーロンがボーカルを手がけていて、バリエーションにとんだ仕上がりになっている。

往年のヒット曲に新曲もいくつか披露してくれ、素敵なライブでした。
やはりアーロンは格好良かった。グレッグは凄く小さく見えた (たぶん本当に小さいんだろう)。
日差しを浴びながら聞く「Long Time Coming」は特に格別でした。この曲は、何か忘れちゃったけどテレビ・コマーシャルでも流れてた有名な曲。本当に美しい。

「Long Time Coming」

最後は「Valentine」でしめました。これもいいんですよね〜!

「Valentine」

今までの2枚のアルバムとニューアルバムです。



ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ