UK Rock 情報 from London

♪UK ロック情報をいち早くロンドンから配信♪

オアシス新着PV

2008-07-31 Thu 12:03:50



Oasis (オアシス)の9月に発売されるニューシングル「The Shock Of The Lightning」のプロモが、YouTubeにて見る事ができます。

このビデオ、前半はオアシスの今までのシングルなどが紹介され、最後の方にこのニューシングルがちょこっとお目見えする。って形です。

イントロとサビのみですが、ビデオがめちゃめちゃカッコイイです。
是非ご覧あれ!




ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

UK チャート 7月28日付け

2008-07-28 Mon 14:34:38

Top 10 シングル

順位 先週 歌手名/曲名

1   1  DIZZEE RASCAL/HARRIS/CHROME/DANCE WIV MEicon

2   3  KID ROCK/ALL SUMMER LONG

3   5  JORDIN SPARKS/NO AIRicon

4   6  NE-YO/CLOSERicon

5   4  BASSHUNTER/ALL I EVER WANTEDicon

6   9  TING TINGS/SHUT UP AND LET ME GOicon

7   12  GABRIELLA CILMI/SWEET ABOUT ME

8   8  IRONIK/STAY WITH MEicon

9   11  RIHANNA/TAKE A BOWicon

10   7  MADONNA/GIVE IT 2 MEicon



Top 10 アルバム

順位 先週 歌手名/アルバム名

1   2  COLDPLAY/VIVA LA VIDA OR DEATH AND ALL HIS

2   5  ABBA/GOLD - GREATEST HITS

3   1  BASSHUNTER/NOW YOU'RE GONE - THE ALBUM

4   4  DUFFY/ROCKFERRY

5   3  SHARLEEN SPITERI/MELODY

6   6  TING TINGS/WE STARTED NOTHING

7   -  BACHELORS/I BELIEVE - THE VERY BEST OF

8   7  CHRIS BROWN/EXCLUSIVE

9   -  PRIMAL SCREAM/BEAUTIFUL FUTURE

10   8  NICKELBACK/ALL THE RIGHT REASONS




ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

[ライブ] シャーロット・ハザレイ @ Ben & Jerry's フェス

2008-07-27 Sun 14:39:52

7月26日はロンドン・クラパム・コモンで行われたBen & Jerry's Sundae on the Commonというフェスティバルに行ってきました。
その名の通りアイスクリームのBen & Jerry'sが主催していて、2日間行われるのだが、ラインナップがいいわりにチケットがとても安い。手数料送料込みで12.25ポンド (約2700円)。もちろんチケットはすぐ売り切れ!

私の行った1日目の26日(土)のラインナップは
The Charlatans (ザ・シャーラタンズ)
Guillemots (ギルモッツ)
Delays (ディレイズ)
Charlotte Hatherley (シャーロット・ハザレイ)
etc

ロンドンにやっと夏が訪れた!という感じで、とても暖かい。
天気は雲は多いがまずまずで、夕方からは晴れて来た。
3時ごろ会場入り。ステージは1つだけで、あとは屋台や遊ぶ所がいろいろ。
なんとこのフェス、アイスクリーム食べ放題!

まずは先に来てる友達と合流。そうするとすぐシャーロット・ハザレイが始まった。
彼女は私の大大大好きなAsh (アッシュ)の元ギターリスト。
オーディションでアッシュに加入したとあって、ギターの腕前は素晴らしい。
NMEでは毎年「最もカッコいい女性」部門に選出されていたそうで、確かにカッコイイ!
しかし残念ながらアッシュを脱退しソロに転向。
カッコイイ彼女から想像できなかったかわいい歌声で、ポップなアルバムを2枚出している。

久々に見る彼女は、アッシュの時の黒髪ロングとは違って、ショートの赤毛。
黒の方が彼女には合うと思うのだが、やっぱり可愛い。
まだ時間も早いし、ステージに集まっている人もまばら。
私はまだ彼女のアルバム持ってないので、曲もほとんど知らない。
しかし、こんなにギター弾きながらよく歌えるな〜と関心してしまった。






ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

UK チャート 7月21日付け

2008-07-21 Mon 13:50:24

Top 10 シングル

順位 先週 歌手名/曲名


1   1  DIZZEE RASCAL/HARRIS/CHROME/DANCE WIV MEicon

2   -  MCFLY/ONE FOR THE RADIOicon

3   6  KID ROCK/ALL SUMMER LONG

4   2  BASSHUNTER/ALL I EVER WANTEDicon

5   3  JORDIN SPARKS/NO AIRicon 

6   4  NE-YO/CLOSERicon

7   17  MADONNA/GIVE IT 2 MEicon

8   5  IRONIK/STAY WITH MEicon

9   16  TING TINGS/SHUT UP AND LET ME GOicon

10   7  CHRIS BROWN/FOREVERicon


Top 10 アルバム

順位 先週 歌手名/アルバム名


1   -  BASSHUNTER/NOW YOU'RE GONE - THE ALBUM

2   1  COLDPLAY/VIVA LA VIDA OR DEATH AND ALL HIS

3   -  SHARLEEN SPITERI/MELODY

4   2  DUFFY/ROCKFERRY

5   12  ABBA/GOLD - GREATEST HITS

6   4  TING TINGS/WE STARTED NOTHING

7   3  CHRIS BROWN/EXCLUSIVE

8   8  NICKELBACK/ALL THE RIGHT REASONS

9   -  BILLY JOEL/PIANO MAN - THE VERY BEST OF

10  14  MADONNA/HARD CANDY



ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ   

[ニュース] ジョン・ライドン、ブロック・パーティーを襲う!

2008-07-21 Mon 13:13:23

7月19日(土)スペイン・バルセロナで行われていたSummercase Festival (サマーケース・フェスティバル)で、Bloc Party (ブロック・パーティー)のボーカルKele Okereke (ケリー・オケレケ)が、Sex Pistols (セックス・ピストルズ)のJohn Lydon (ジョン・ライドン)と、その仲間に襲われたそうです。


Block Party、ケリー・オケレケはバンド内唯一の黒人

ケリー・オケレケはジョン・ライドンがSex Pistols脱退後に結成したバンドPublic Image Ltd. (パブリック・イメージ・リミテッド)のファンで、バックステージでジョン・ライドンにPILの再結成の可能性があるのか尋ねたところ、ジョンの取り巻きが、黒人であるケリーに対し、「お前の問題は、その黒い態度だ!」と攻撃し、ジョンもケリーに対し威嚇。そして取り巻きの3人が、ケリーに殴る蹴るの暴行を加えたそう。
一緒に居合わせたFoals (フォールズ)のボーカルYannis Philippakes (ヤニス・フィリッパケス)と、Kaiser ChiefsのボーカルRicky Wilson (リッキー・ウィルソン)が喧嘩の仲裁に入りケリーを助け出した。
ケリーは顔にアザや切り傷を負ったが大事にはいたらなかった。でも今回の出来事について酷く失望したという。

私にとってジョン・ライドンは神のように崇めていたのでショックでたまらない。
ケリーも自分の尊敬するジョンに人種差別をされるとは、かなりのショックだったであろう。
ジョン・ライドン自身も、イギリスでアイルランド人として差別の対象にあいながら育ち、人種差別に関してはシビアだったはずなのだが・・・
しかしここ最近ジョン・ライドンの言動はおかしい。
まず先々月、女性を殴ったとして起訴されるは、先月はDuffy (ダフィー) を泣かすわで、問題続き!
そして今回の事件。
本当に信じられない。
私が20年来尊敬してきた人は、こんな人だったのか・・・
金持ちになってあほになってしまったのか???
Sex Pistols の活動なんかやめてPILの再結成でもしたらいいのに。
なにぬるま湯につかっとんねん!!! Fuck off!


ランキングに参加しています。クリックして下され。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ